日本人にあったFX投資とは

日本人トレーダーの謎

筆者はスイス銀行の外国為替貴金属部のトレーダーとして12年間投機的売買に従事していた。そこは学歴、年功など一切関係ない毎月の数字が全ての世界。今のように行内リスク管理でがんじからめに縛られることもなく、大銀行とはいえティーラーが個人商店の感覚でリスクを積極的に取りにいくことが奨励されていた。

 

良い意味では本当の投資の醍醐味を味わえたが、本人の記憶としては修羅場経験の方が鮮明に残る。チューリッヒ本店の巨大なトレーディングルームでスイス人の同僚たちとパフォーマンスを熾烈に競い、ニューヨーク、シカゴの商品取引所の。場立ち"として派遣された時には米国型投資の現場でその原点をつぶさに見た。

 

欧米型投資に深く接するほど、日本人の投資形態が比較人類学的に見ると特殊であることを痛感した。投資というのは、どれだけリスクを取れるかに尽きる。リスクの重圧に負けない耐性をどれほど持つか。それは往々にして民族のDNAが影響する。

 

チューリッヒのスイス人の同僚FXトレーダーたちやシカゴのピットに立つプロの投機家(スペキュレーターという職業)は、日々の切り換えが早い。今日負けても明日は明日。上海市場の中国人も然り。対する日本人は、筆者も含めプロでも考え過ぎて後で悔いる傾向が強い。業界では強者といわれる為替ディーラーが、実は占いに凝っていたりするのも日本人ならでは。ひとたび酒が入ると本音は意外に女々しい。

 

リスクが苦手な日本人

 

スイス銀行を離れて講演で実際に個人投資家と接する機会が増えるにつれ、日本人の素人の多くはリスク耐性がかなり弱いDNAを持つことも確認できた。要は「今日買って明日下がると目の前が真っ白になるタイプ」が多いのだ。しかも「おカネのことを考えるのは卑しい」という考えも引きずっているから「経済や投資のことは不勉強」と胸を張って語れる風潮がある。

 

首相まで経済には。疎いと発言するほどで、その結果先進国では最悪の累積財政赤字を背負い込み、子ども達に大変な負の遺産を残す羽目になってしまった。安全資産の代表格とされた国債もお尻に火が付き、ペイオフ解禁で銀行預金も元本保証がなくなった。今やリスクのない投資などあり得ない。といってダンス預金にしても、原油価格急騰などで物価が上がれば目減りするだけだ。

 

つまり、日本人は自らの苦手なリスクを取りにいくことで運用の安全性を高めるしかない。そこでの注意点は、まずリスクのベクトルが異なる資産を色々持つこと。いわゆるリスク分散だが、それぞれの資産のリスクはしっかり取らねば分散効果も出ない。分散する度に日本人のリスク回避DNAと戦わねばならぬ。

プロのマネをするな

特に個人投資家が持つ最大の武器、決算期がないということを活用すべきだ。だから個人は、プロにはできないゴツゴツ積立などの草食系投資が出来る。筆者はディ上フー時代に、例えばドルの買いポジションを大量に抱えていて「今は下がっているが、あと2週問待てば何とかなる」という目途が立っているのに明日が決算期なので止むなく損切りの売り手仕舞いを強いられた経験が幾らでもあった。こういう時は素人衆の個人投資家が羨ましかった。

 

ところが個人はその最大の武器に気づかずプロのマネをしたがる本書の中でプロ三人衆との本音対談があるが、その楽屋話では「結局我々でも将来を見通せる水晶玉を持っているわけではない。でもアマチュアの人達はその水晶玉があると思っている」と語り合った。3人とも、自分の資産運用としては純金積み立て、という地味な答えであった。

 

リーマンーショック前の投資の原則は、リターンの最大化であった。その結果、とんでもないリスクにはまった。そこで最新の投資トレントはリスクの最適配分である。機関投資家の世界でも、運用する資産ごとにリスクを定量化して最大限のリスクを把握したうえでポートフォリオを組む。個人投資家も、まずは世界のマーケットがはらむ様々なリスクを勉強することが肝要であろう。

 

欧米人と日本人はリスク耐性が異なる
日本人はDNAのレベルでリスク回避志向が強いと痛感する

 

最適化されたリスクを積極的に取りに行こう
リーマン・ショック後はリスク定量化、最小化が投資のトレンド

 

個人の持つ強みを最大限に生かすべし
プロを真似るな。決算期がない個人ならではのゴツゴツ投資を

 

そのリスク回避をするための積極的な投資方法が外国為替証拠金取引、いわゆるFXではないではないだろうか?

 

引用:cms-forex.com

初めてのFXやバイナリーオプションについて

入門のためにFXトレードをやるのなら、最初にFX業者で口座を新規開設を完了させていただきます。いろんな種類のFX業者の比較サイトやランキングで調べていただくことが可能ですが、経験の少ない初心者の間は、聞いたことがあるような大手の中から選んでいただく方がいいんじゃないでしょうか。何年か前から始まったバイナリーオプションについて、わかりやすく説明すると「設定した価格よりも上に行くか下に行くかの二択を予想するのみ」という金融商品で、あまり投資経験がないFX初心者がメインとなって株やFX以上に期待されているのです。

 

株式売買手数料は取引の都度支払う必要があるし、事前に考えているよりも無視できない金額に達しますから、必ず全力で比較すべきです。他社より少しでも低い手数料でOKのネット証券から見つけることがイチオシ!このごろ話題になることが多いFXは、初心者の方でも気軽に始めることができて、とても大きな利益を見込めるけれども、やはり取引に伴う危険性だって相当大きく、生半可な知識で手を出すと、幸運が続いて利益をあげることができる場合があったとしてもそのまま負けずに儲け続ける人はいるはずないのです。

 

株式投資っていうのは、株を公開している会社の営業活動の資金を投資家が株を買って投資することなのです。ということなので、株式を購入した事業の発展にしたがい、安く買った株式の価格の値上がりや配当される金額の増加があります。最近は日本においても、一般投資家に勝負の速さが人気のバイナリーオプションを扱うFX業者が急激に増加していますので、現実にバイナリーオプションにチャレンジすることが決まった場合に、絶対に業者それぞれの行っているサービス詳細、及び売買の条件を比較することが求められます

 

FXの勝負に儲けるためには、そのタイミングにおける市場の流れを誤らずにつかむことがどうしても不可欠です。トレンドの把握のための頼りになる手段として、投資家が最も使っている分析手法として、チャート分析があげられるでしょう。投資の初心者は、素人には読みにくいマーケットの流れを読んだり、レバレッジの影響による保有資金がどのように変動するかといった感じなどを把握することを目的に、初めのほうは可能な限り低いレバレッジによってFX取引できる取引業者を探しだすことが肝心です。

 

もしも株取引を検討しているのなら、あなたの投資スタイルにピッタリの証券会社をたくさんの中から見つけることがポイントです。初心者でも安心のネット証券だったら、最初の口座開設から投資関連のデータの収集や株の売買注文まで、全てウェブ上で対応可能ですから時間のない人にもおススメです。人気急上昇とはいってもFXは、投資としては歴史的に新しい市場で不安定な部分もあります。ですからFX会社の経営破たんなどといった不測の事態が起きて、口座に入れておいたとっておきの投資資金が返金されないなんて最悪の状況になることは、確実に免れなければなりません。最近どんどん増えているバイナリーオプション業者をよく比較検討するための重要なポイントは、何点かあります。中でも肝心のペイアウト倍率であるとか通貨ペアの数など、実際のバイナリーオプション取引にダイレクトに影響を及ぼす詳細を注視するのは肝心なことです。

 

バイナリーオプションに限らずそれを除いた売買についても十分理解したうえで、どんな特徴があるものが自分自身にピッタリなのかを比較検討することも、有効です。各々の商品の長所に加えて短所について識別しておくことが投資で勝つためのコツなのです。突然システムトレードと言われて、いったいどんなイメージを受けるのでしょうか?取引をするときに、考えによってトレードなどの取引を実行するための詳細な条件を前もって決めておいて、条件に合う時だけ取引をする投資のやり方をシステムトレードと称するのです。

 

もう株式投資の仕組みが理解できたので、「次からは手数料の安さも検討することにした」といった感じで、投資家が自分自身のスタイルにあう証券会社を選択すればいいのです。この何年かのインターネット回線が格段に高速になったことから、同時進行で株式の売買値の情報を手に入れることができるのです。これまでの状況では、普通の株初心者がそういう専門的な数値を簡単に手に入れられるようになるとは、誰ひとり想像もしていませんでした。

 

今から、最近流行の株式投資をスタートさせることにしているインターネット株初心者である人たち向けに、複雑な株式投資の分野っていうのはどういう風な業界なのか、またその株式業界で儲けを得るためには、どんな方法があるのかわかりやすい言葉で説明しています。それぞれの投資方法に適した条件設定のFX会社をしっかりと探し出す場合には、それだけでなくなるべく条件などの特色のあるFX会社を幅広く3社キープし、そこで口座を持っていた方が、本当にトレードをする際に非常に重宝するに違いないのです。

 

例えて言えば証券会社の仕事っていうのは、投資家の方に株を買っていただくための『受付』みたいな存在です。とても便利で扱いやすいところとか市場のデータが盛りだくさんなところ、他よりも売買にかかる手数料が安いところ等、多彩なので投資家のスタイルに沿うところをチョイスしていただくことが可能なんです。新たに初心者がFXを開始するときには、どんなリスクに注意が必要で、そのあとどうやって相場を解析すれば利益が上がるのか。利益を得るには相場のトレンドをどのようにして掴むのがいいのかについて分かるように頑張ってください。

 

一般投資家に人気のネット証券会社について、売買手数料はもちろん、注文の方法や取扱いのある商品などの、大切なサービス内容などの切り口から比較してみることで、それぞれの株式投資のスタイルにピッタリくる証券会社を選択するのがベスト。投資が問題なくうまくいっている場合、さらに取引をミスした場合も完全に損切りを行える、落ち着いたジャッジをくだせる力が必須になります。それらを実行するために投資家に使われているのが、投資家に人気のシステムトレードというわかりやすい投資方法なのです。

 

これまで以上に身近に、もっと不安を感じることなく未経験者が株取引をはじめられるよう、知識が少なくても明快な取引画面だとか操作画面や、他社よりも投資家へのサポート体制に尽力するというふうなCSの部分が一般の証券会社よりも満足できるネット証券が増えてきています。話題のバイナリーオプションのシステムは、簡単に解説すると、「設定した時点と比較して上に行くか下に行くかどちらになるかを二者選択で当てればいい」のトレードの一つで、経験の少ないFX初心者をはじめ強く歓迎されています。

 

ちっとも株式というのが本来どんな感じのもので、どういったシステムで利益を得られるのか、不明だというくらいの投資初心者のみなさんに、株式の仕組みについて理解しやすいようにご案内させていただきます。バイナリーオプションにおける取引は、はっきりと勝利か敗北のどっちかだけ。バイナリーオプションではない取引のように、資金の一部だけ損失してしまうとか、投資した額の一部だけ勝利するなんてことは絶対にない。勝負がすくに決着するバイナリーオプションは、取引業者への手数料等実際に投資金額以上には必要なお金が全くかからないなど、バイナリーオプションと同じく外国為替がトレード対象にされているおなじみのFXと比較してみると、簡単に収益を上げることが可能なワケがはっきりとお分かりいただけます。

 

バイナリーオプションお役立ちサイト

厳選!国内バイナリーオプション業者の比較人気ランキング
binaryoption-fxsec123.com/bohikaku/ranking.html
人気ランキング上位の国内バイナリーオプション口座も相性のいい悪いがあるので、全ての口座を新規開設して試してみることをお勧めします。口座開設費用、口座維持手数料は全て無料です。取引に欠かせない情報も掲載しているので、ランキングを見ながら自分にあった人気バイナリー口座を比較検討してみましょう。

 

バイナリーオプションとは?初心者入門 | バイナリーオプションの王道
blaynsupport.jp/beginners
バイナリーオプションとは「オプション取引」の一種。ベースは複雑で緻密な理論で成り立っているのですが、これから取り上げる為替のバイナリーオプションは、円が外貨に対して「上がる」か「下がる」かを予想するだけという非常にシンプルな仕組み。簡単に始められる間口の広さを持ちながら、じつは奥が深く、やり方次第で資産を増やせる可能性の大きい、いまもっとも注目される金融商品のひとつなのです。